お金オンチ・うさQの貯金術    
うさQの現在の家計は本当に、池の鯉のようにアップアップしております。
共働きだった頃は、貯金なんてあまり意識もしていなかったし、本当にポロポロと財布からお金を流して暮らしてきました。

そのツケが今頃になってまわってきたのです・・・。くぅ〜。
「あの時にいっぱい貯金をしていれば・・」と後悔後悔の毎日を送っています。

でも、後悔してても始まらないし「今の生活では貯金なんて無理〜」と諦めるのも先々、不安なので今はお金オンチで貯金もできないだめママうさQが、なんとか悪い頭を駆使して、ダンナ様のお給料の中で貯金できるようにがんばっている貯金術を紹介したいと思います。

目指すは1年後までに100万円貯めるぞ!(・・・無理かしらん・・・)



一般的な貯金方法

毎月の貯蓄は最低でも手取り月収の1割なのだそうです。
それ以上の貯蓄が出来ている家庭なら、安心は安心なのですが、うさQ家ではこの1割が結構キツイ。

そうお金オンチのうさQはお金が手に届くところにあると、つい使ってしまうのです。
こんな人のために

会社員なら財形貯蓄や社内預金などの給与から天引きされるものを利用する
会社によって実施しているところとしていないところがあるので問い合わせてみるとよい

銀行や郵貯などの定期預金を利用する
設定金額はちょいキツイかなと思う額がよい。


どうしても使ってしまう人には、毎月天引きされるこの一般的な貯金法はまずやるべきです!
その他に、うさQ流の貯金法を紹介したいと思います。


袋分けがんばったね貯金法

この袋分けというのはお給料をもらった時に、封筒などに「食費」、「雑費」、「教育費」、「交際費」などと支出の用途に応じて振り分けすることです。

うさQ家では1週間分の食費「5000円」(ちょい多め)を1ヵ月分=約2万5千円を5袋に分けて月曜日の買い物に1袋を開けるようにしています。

「この袋分けがんばったね貯金」とは、例えば1週間の食費は5000円以内と決まっているわけですよね?
そこで、献立を節約メニューにしたり、スーパーで安い食材を探したりして1週間の食費を何とか頑張って余らせます。

もう500円くらいでも、余ればヨシ!その余ったお金は貯金箱へチャリ〜ンと入れます。
で、また月曜日の買い物へは5000円が入った1袋を開けるというのを毎週繰り返します。

そのうち貯金箱に貯まってきたら、半分は貯金口座へ、半分は好きに使うといった風に少し自分へのご褒美を作るというものです。

だんだん貯金箱が重くなるのが楽しみになってきますし、以外に少しずつ貯まっていきますよ♪



光熱費引き落とし口座貯金法

この方法は少し面倒なのですが、光熱費の引き落とし用の口座を作ります。
光熱費の引き落とし口座をひとつにまとめてからスタートします。

光熱費って春夏秋冬とその季節によって全然かわりますよね。

夏はエアコンを使うから電気代が高くなるし、冬は給湯器などの使用でガス代がかかりますよね。
でも、春と秋ってそんなに光熱費がかからない季節ですよね。

そこで、1年の平均の光熱費(電気、水道、ガス)を割り出し、それより少し多め(それぞれ+1000円〜2000円くらいがベスト)を毎月、お給料が出たら春夏秋冬関係なしに決めた額を振り込みます。

あとは、その口座からは一切、おろしたりせず眠らせておくのです。
よほど、光熱費を使った〜という月以外はその中でやりくり出来ますし、だいたいは余ってくると思います。

コツはこの光熱費引き落とし用の口座の存在は、光熱費を入れる以外は忘れることです(笑)

うさQは、この方法で少〜しずつではありますが貯まってきています♪♪



メール受信・アンケート・座談会出席の謝礼、アフィリエイトで得たお金はなかったものとみなす!

そう、生活費のやりくりはダンナ様の給料内でするものだと思っています。
うさQのこういった収入は、だいたいがイーバンク銀行の口座で使わないで眠っています。

もともと、なかったものとみなして、いつかン万円単位に貯まるのを楽しみに頑張っています♪




HOME

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送